• 申請内容入力
  • 申請内容確認
  • 申請完了

文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色

【令和3年度】障害者相談支援事業の実施状況等について(回答フォーム)


申請内容の入力

操作方法のご説明

 下記の入力フォームに必要事項を入力した後、「申請内容確認」ボタンを押してください。
必須マークがある項目は、必ず入力してください。

 また、機種依存文字は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。

 途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「申請一時保存確認」ボタンを押してください。
 ただし、選択した添付ファイルに関しては一時保存されません。


障害者相談支援事業の実施状況等に関する調査の回答フォームです。
(※厚生労働省及び神奈川県が実施している調査です。)
大変お忙しいところ、お手数をおかけいたしますが、ご回答にご協力をお願いいたします。

【調査概要・注意事項】
対象:横浜市内全ての指定特定相談支援事業所(令和3年4月1日時点、休止事業所を除く)
回答内容:貴事業所における指定状況や相談支援専門員数や資格等
締切:令和3年6月18日(金)
注意事項:・全て令和3年4月1日時点の状況をご回答ください。
・本調査における勤務形態については、計画相談支援・障害児相談支援・地域相談支援・自立生活援助のみを兼務している場合は「専従」としてください。
(例)
計画相談と障害児相談を兼務 → 「専従」
計画相談と障害児相談と地域相談を兼務 → 「専従」
生活介護と計画相談を兼務 → 「兼務」


事業所番号
必須

指定特定相談支援事業所における10桁の事業所番号を記載してください。
※「143〜」から始まる計画相談支援事業所の番号を記載してください。

10文字で入力してください。

メールアドレス
必須

今後、本調査ならびに事務連絡等でご連絡をさせていただく場合がございます。
ご対応いただける、メールアドレス(業務や組織アドレス推奨)を記載してください。


事業所名
必須

事業所の指定書に記載されている正式名称を記入してください。
事業所名に、法人名が含まれている場合でも、省略せずに記載してください。
(例)
× (福)××相談事業所
〇 社会福祉法人〇〇相談事業所


運営主体
必須

運営法人の種類を選択してください。
選択肢に該当がない場合は「8その他」を選択してください。


運営主体名(正式名称)
必須

運営法人名を省略せず、正式名称で記入してください。


窓口の設置場所
必須

窓口の設置場所を選択してください。
選択肢に該当がない場合は「5その他」を選択してください。


指定障害児相談支援事業所の指定状況
必須

指定障害児相談支援事業所の指定状況を選択してください。
★指定障害児相談支援事業所とは…
児童福祉法のサービスを使う方へ「障害児相談」を行う事業所です。
指定特定相談支援事業所とは別に指定申請が必要です。


指定一般相談支援事業所の指定状況
必須

指定一般相談支援事業所の指定状況を選択してください。
★指定一般相談支援事業所とは・・・
「地域移行支援」や「地域定着支援」を行う事業所です。
指定特定相談支援事業所とは別に指定申請が必要です。


指定自立生活援助事業所の指定状況
必須

指定自立生活援助事業所の指定状況を選択してください。
★指定自立生活援助事業所とは・・・
利用者が地域において自立した生活を営むことができるよう支援する事業所です。
指定特定相談支援事業所とは別に指定申請が必要です。


地域生活支援拠点等の体制状況
必須

地域生活支援拠点等として役割を担い、その旨を事業所の運営規程に規程している場合は「あり」を選択してください。
★地域生活支援拠点等とは・・・
地域生活支援拠点とは、障害のある方の高齢化を踏まえた「親亡き後」の備え、入所施設や精神科病院からの地域移行等を推進するために、障害のある方を地域全体で支えるサービス提供体制です。
本市では既存のあらゆる社会資源を有機的につなぎ、ネットワーク型で整備しています。
※運営規定の変更や加算取得のためには本市へ届出が必要です。

地域生活支援拠点等の体制状況


主任相談支援専門員の配置状況
必須

事業所に主任相談支援専門員を配置している場合は「はい」を選択してください。
★主任相談支援専門員とは・・・
神奈川県が実施する「主任相談支援専門員養成研修」を修了した相談支援専門員です。

主任相談支援専門員の配置状況


主任相談支援専門員の勤務形態
必須 入力不要

「はい」と回答した事業所にお伺いします。
貴事業所に配置されている主任相談支援専門員の勤務形態を選択してください。

主任相談支援専門員の勤務形態




主任相談支援専門員配置加算の届出
必須 入力不要

「はい」と回答した事業所にお伺いします。
主任相談支援専門員配置加算を算定するために届出をしている人数を選択してください。
※届出をしていない場合は「0」を選択してください。

主任相談支援専門員配置加算の届出



相談支援専門員の人数【常勤・専従】
必須

【常勤・専従】相談支援専門員の人数 
※指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上すること。 

【常勤・専従】の相談支援専門員(人)
相談支援専門員の人数【常勤・兼務】
必須

【常勤・兼務】相談支援専門員の人数
※指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上すること。 

【常勤・兼務】の相談支援専門員(人)
相談支援専門員の人数【非常勤・専従】
必須

【非常勤・専従】相談支援専門員の人数
※指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上すること。 

【非常勤・専従】の相談支援専門員(人)
相談支援専門員の人数【非常勤・兼務】
必須

【非常勤・兼務】相談支援専門員の人数
※指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上すること。 

【非常勤・兼務】の相談支援専門員(人)
その他従業員の人数【常勤・専従】
必須

相談支援専門員以外の人数
※指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上すること。 

【常勤・専従】のその他従業員
その他従業員の人数【その他の勤務形態】
必須

相談支援専門員以外の人数
※指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上すること。 

【その他の勤務形態】のその他従業員
相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況1【社会福祉士】

「社会福祉士」の資格を取得している者について人数を選択してください。

【注意事項】※資格の取得状況1〜9共通
(1)4月1日現在で、相談支援の業務に従事する者についてお答えください。
(2)指定一般相談支援事業所の指定も併せて受けている場合、指定一般相談支援事業所の相談支援の業務に従事する者の数も含めて計上してください。
(3)1人の方が複数の資格を有する場合は、それぞれの資格を計上してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況2【保健師】

「保健師」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況3【精神保健福祉士】

「精神保健福祉士」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況4【看護師・准看護師】

「看護師・准看護師」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況5【介護福祉士】

「介護福祉士」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況6【介護支援専門員】

「介護支援専門員」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況7【臨床心理士】

「臨床心理士」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況8【公認心理師】

「公認心理師」の資格を取得している者について人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の専門的な資格の取得状況9【その他専門的資格】

1〜8以外の専門的な資格を取得している者がいる場合について人数を選択してください。
(専門的な資格の例)
保育士、栄養士、作業療法士、社会福祉主事任用資格など


相談支援の業務に従事するピアカウンセラーについて
必須

事業所にピアカウンセラーを配置している場合は「はい」を選択してください。
※「はい」と回答した事業所におかれましては、下記において障害種別ごとにピアカウンセラーの人数及び体制加算の対象者を回答してください。

相談支援の業務に従事するピアカウンセラーについて


相談支援の業務に従事する者の内、ピアカウンセラーの人数【身体障害者】
入力不要

身体障害者のピアカウンセラーの人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の内、ピアカウンセラーの人数【知的障害者】
入力不要

知的障害者のピアカウンセラーの人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の内、ピアカウンセラーの人数【精神障害者】
入力不要

精神障害者のピアカウンセラーの人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の内、ピアカウンセラーの人数【高次脳機能障害】
入力不要

高次脳機能障害のピアカウンセラーの人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の内、ピアカウンセラーの人数【難病】
入力不要

難病のピアカウンセラーの人数を選択してください。


相談支援の業務に従事する者の内、ピアカウンセラーの人数【発達障害】
入力不要

発達障害のピアカウンセラーの人数を選択してください。


ピアサポート体制加算の対象者
必須 入力不要

「ピアカウンセラー」がいると回答した事業所にお伺いします。
ピアサポーター体制加算の対象となる人数を選択してください。

ピアサポート体制加算の対象者




相談支援事業の障害種別等別の対象者
必須

事業所で対象としている障害種別について選択してください。
※身体障害・知的障害のみを対象としている場合は、それぞれの障害種別を選択してください。

相談支援事業の障害種別等別の対象者





対応日
必須

該当する項目を選択してください。
3つの項目に該当しない場合は、全てその他を選択してください。
※開所時間に加え、閉所時でも電話等で対応可能な場合は、その時間も含みます。


対応時間
必須

事業所の開所時間に該当する項目を選択してください。


意思決定支援について
必須

令和2年度中に(令和2年4月1日〜令和3年3月31日)作成した「サービス等利用計画」の作成数をご回答ください。

1文字以上で入力してください。

意思決定支援について2
必須

上記のうち「意思決定支援アセスメント表等を用いて、本人が参加するサービス担当者会議を行うなどにより、サービス等利用計画を作成した数」を記載してください。

1文字以上で入力してください。

「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について
必須

神奈川県が発行している「支援困難事例に関する対応事例集」を事業所内で活用していますか。
★支援困難事例に関する対応事例集とは・・・
神奈川県が困難事例に直面している相談支援専門員の活動を支援するために実施している事例検討会の取組をまとめたものです。
令和3年5月11日にらくらくメールにて掲載を周知させていただきましたが、県のホームページに掲載されています。(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/yv4/20210406.html)

「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について


「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について
必須 入力不要

「はい」と回答した事業所にお伺いします。
事例集は支援の参考になりましたか。

「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について



「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について
入力不要

「参考にならなかった」と回答した事業所にお伺いします。
具体的な理由を下記に記載してください。


「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について
必須 入力不要

「はい」と回答した事業所にお伺いします。
事例集をどのような場面で活用しましたか。(複数回答可)
※その他を選択した場合は下記に具体的な場面を記載してください。

「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について




「その他」を選択された場合にご記入ください。


「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について
必須 入力不要

「はい」と回答した事業所にお伺いします。
事例集からどのような気づきがありましたか。(複数回答可)
※その他を選択した場合は、下記に具体的な内容を記載してください。

「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について















「その他」を選択された場合にご記入ください。


「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について
必須 入力不要

「いいえ」と回答した事業所にお伺いします。
事例集を活用していない理由を教えてください。(複数回答可)
※その他を選択した場合は、下記に具体的な理由を記載してください。

「支援困難事例に関する対応事例集」の活用について



「その他」を選択された場合にご記入ください。


 

お問い合わせ

横浜市健康福祉局障害施策推進課相談支援推進係
TEL:045-671-4133 FAX:045-671-3566