横浜市トップページ  > 分類別検索  > 手続詳細
文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色  RSS(新着情報)

モバイル向けサイト

モバイル向けサイト二次元コード

二次元コードまたは下記リンクよりアクセスしてください。

横浜市電子申請
【電子申請 不可】徴収猶予の申請

受付中

共通情報

・横浜市電子申請・届出サービスの常時SSL化対応について
 詳しくは「常時SSL化対応について」を参照してください。

・ブラウザなど、利用される環境によっては、一部の手続で「ボタンが反応しない」現象が発生することがあります。その場合は電子申請サービスヘルプデスクにお問合せいただくか、動作環境に記載する環境でご利用ください。

・本サービスに関するお問合せ先はお問合せを参照してください。

・手続情報等をご確認の上、特に指定が無い場合は、申請者ID(ユーザID)は申請者情報登録から取得してください。

手続情報

概要 一定の要件が理由で、市税を一時に納付することができない場合、1年以内の期間に限り、徴収猶予が認められる場合があります。
手続内容 提出先:
 区役所税務課収納担当又は財政局納税管理課
受付期間 猶予を受けようとする期間より前に申請してください。
※地方税法第15条第2項の規定により申請する場合は、納期限までに申請してください。
根拠法令 地方税法第15条第1項、第2項及び第15条の2
申請時に必要な書類 猶予の申請をする場合は、次の書類を提出する必要があります。
・「徴収猶予申請書」
・ 「財産収支状況書」
※ 資産、負債、収支の状況等を記入してください。 ※ 猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合は、「財産収支状況書」に代えて「財産目録」 及び「収支の明細書」を提出してください。
・ 担保の提供に関する書類
・ 災害などの事実を証する書類(徴収猶予の場合) ※ り災証明書、医療費の領収書、廃業届、決算書など
ダウンロードファイル 徴収猶予の申請  [PDF 67KB]
徴収猶予の申請  [Microsoft Word 23KB]
徴収猶予(本来の納期限から1年以上経過した後に納付すべき税額が確定した)  [PDF 68KB]
徴収猶予(本来の納期限から1年以上経過した後に納付すべき税額が確定した)  [Microsoft Word 20KB]
問い合わせ先 【固定資産税・市県民税(普通徴収分)・軽自動車税(種別割)】
 納税通知書の発送元の区役所(税務課収納担当)
【法人市民税、事業所税】
 主たる事務所・事業所の所在する区の区役所(税務課収納担当)
【市民税県民税特別徴収分】
 横浜市内所在の特別徴収義務者の方:特別徴収取扱区役所税務課
 横浜市外所在の特別徴収義務者の方:財政局納税管理課