横浜市トップページ  > 分類別検索  > 手続詳細
文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色  RSS(新着情報)

モバイル向けサイト

モバイル向けサイト二次元コード

二次元コードまたは下記リンクよりアクセスしてください。

横浜市電子申請
国民年金保険料免除・納付猶予申請書

受付中

共通情報

・ブラウザなど、利用される環境によっては、一部の手続で「ボタンが反応しない」現象が発生することがあります。その場合は電子申請サービスヘルプデスクにお問合せいただくか、動作環境に記載する環境でご利用ください。

・本サービスに関するお問合せ先はお問合せを参照してください。

・申請者ID(ユーザID)は申請者情報登録から取得してください。

手続情報

概要 国民年金保険料の全額または一部免除の申請をする時や、保険料納付の猶予を申請する時に届出ます。
手続内容 対象者:

1 免除の申請について

 「申請者本人」、「申請者の配偶者」、「世帯主」のそれぞれが次のいずれかに該当する方

 ・所得等が一定基準以下の方
   
 ・障害者または寡婦であって、所得が125万円以下の方

 ・失業、倒産、事業の廃止、天災などにあったことが確認できる方

 ・生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けている方

 ・特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律による特別障害給付金を支給されている方

2 納付猶予の申請について

 申請者本人が50歳未満の方で、「申請者本人」、「申請者の配偶者」のそれぞれが次のいずれかに該当する方(ただし、平成28年6月分以前の保険料については、30歳未満の方)

 ・所得等が一定基準以下の方
   
 ・障害者または寡婦であって、所得が125万円以下の方

 ・失業、倒産、事業の廃止、天災などにあったことが確認できる方

 ・生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けている方

承認期間:

申請時点から2年1か月前までの期間、および、申請時点から将来に向かって直近の6月までの期間です。なお、1枚の申請書で申請できるのは7月から翌年6月までの1年度分です。複数年度の申請を希望される場合は年度毎に申請書の提出が必要です。

 注1 原則として、毎年7月毎の申請が必要ですが、何らかの事情で申請が遅れた場合でも、要件に該当していれば、申請時から最大2年1か月までさかのぼって承認されます。

 ただし、障害基礎年金や遺族基礎年金の納付要件には適用されませんので、御注意ください。

 注2 納付猶予については、年度の途中で50歳に到達する場合は、50歳に到達する月の前月まで承認されます。
申請時に必要な書類 提出部数(補足):

免除申請される方1人につき1枚(複数年度の申請をする場合を除く)の申請書を提出してください。


添付書類補足:

○所得状況〔各種控除内容(社会保険料控除、医療費控除等)の記載があること〕を証明するもの

○失業などを理由とするときは、次の書類のいずれかなども必要です。

・雇用保険被保険者離職票(コピー可)

・雇用保険受給資格者証(コピー可)

・雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(コピー可)
電子申請以外の受付時間・受付窓口 お住まいの区の区役所国民年金係窓口へ

受付時間:

原則として月曜〜金曜日(ただし、休日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)を除く)8:45〜17:00

提出方法:

お住まいの区の区役所国民年金係窓口
備考 ※全額免除と納付猶予の継続申請について

  全額免除または納付猶予を希望される方は、申請の際に、申請が承認された場合には翌年度以降も引き続き全額免除または納付猶予の申請を行う旨をあらかじめ申し出ていただくことにより、翌年度以降の申請書の提出を省略できます。詳しくは申請書裏面をご覧下さい。

 (注)失業や被災などを理由として承認された場合や一部免除を承認された場合は、翌年度以降も申請が必要です。

○裏面をよく読んでから記入をしてください。

○手続きに持参していただくもの

 ・年金手帳または基礎年金番号のわかるもの(納付書等)

 ・認印(本人が署名する場合は不要)
ダウンロードファイル 国民年金保険料免除・納付猶予申請書  [PDF 1468KB]
問い合わせ先 健康福祉局保険年金課国民年金係
電話番号 045-671-2418
FAX 045-664-0403